トイレの水漏れは原因がある

トイレ 水漏れには必ず原因があります。この原因を全て自分で解決するのは非常に困難です。簡単に解決できそうなトラブルであっても、自分で修理をすると被害を拡大させたり、新しいトラブルを発生させてしまう可能性が高くなります。

■詰まりが原因

トイレの水漏れは、排水管の詰まりが原因で発生することがあります。異物を流してしまい発生することが多いのですが、大量のトイレットペーパーや初期不良により、同じような水漏れが発生することもあります。
どれも詰まりから発生するトラブルなので、水漏れの対応をするだけでは不十分です。この詰まりを解消する修理や工事が必要です。水が漏れる根本的な問題を解決しなければ、症状が再発する可能性が高いからです。流れにくいと感じることがあれば、詰まりが発生しているかもしれません。早めに業者に相談をして早期発見、早期解決を心がけましょう。

■破損が原因

便器自体が破損してしまっていると、そこから水漏れが発生します。ほとんどの便器は強度が高い陶器が使用されています。しかし、外的な要因への強度はそれほど高くないため、物がぶつかったりするとヒビが入ることもあります。
この水漏れは傷を塞ぐことで解決できるように思われがちですが、便器の補修作業は安全上できないとされていますので、トイレの交換が必要です。


■まとめ
トイレの水漏れにはいくつかの原因があり、その原因により異なる対応が求められます。自分では解決できないトラブルが多いので、状況を確認して業者に相談することが大切です。状況によっては便器を交換することも考えなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ