トイレのウォシュレットからの水漏れ修理

多くの家庭で利用されている必要不可欠なアイテムとして、ウォシュレットがあります。ウォシュレット 水漏れが起こった場合には、いろいろな原因が考えられますが、自分たちで修理するのは難しい場合が多くあります。初期対応を間違わないようにして、できるだけ早く解決することが大切です。

■私たちが行う初期対応

ウォシュレット 水漏れを見つけたら、原因が違っていても共通する初期対応があります。それは、トイレの止水栓を閉めると同時に、ウォシュレットのコンセントを抜くことです。これで水が漏れている状態を一時的に止めることができます。その上で修理業者に連絡することも可能ですが、その前に自分で確認できることもあります。電池が切れている場合やノズルが出たままの状態の場合には、交換したりノズルを手で押し込むと問題が解決することがあるので、覚えておくといいでしょう。

■これでもダメな時は業者に連絡

自分でできる対応を行ってもウォシュレット 水漏れが解決できないときには、トイレの水漏れ修理をしてくれる業者に連絡することになります。この時には行った対応を正確に連絡することが必要です。本体の故障の修理や付属品の交換によって対応できる場合には、ウォシュレットの交換をせずに問題を解決することができます。状況によっては、ウォシュレットの交換が必要な場合もあります。

■まとめ
ウォシュレット 水漏れでは、私たちができる初期的な対応をしてから業者に連絡することで、スムーズに修理ができます。部品交換などで修理が可能な場合もありますが、ウォシュレットの交換をしなければいけない場合もあるので、業者にプロの目で見てもらい、適切な対応をすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ