ウォシュレットの水漏れはトイレ交換が必要か

現在はウォシュレットの普及が進み、多くの家庭で設置されています。和式トイレからリフォームする家庭も多くあります。しかし、便利に利用できるアイテムですが水漏れなどのトラブルが発生することがあります。水と電気を使い快適に利用できるアイテムなので、正しく手順を踏んで修理を行う必要があります。

■分解は非常に危険

日曜大工などを得意としている人にであれば、ウォシュレットの水漏れは簡単に対応できると挑戦する人もいます。しかし、漏電や感電の可能性がありますので、自分で分解することは非常に危険な行為です。水道修理業者に依頼をして対応してもらうのが正しい対処方法となります。



■寿命があるトイレ

トイレの便器の寿命は100年以上と言われていますが、便器以外についてはそれほど長くは使用できません。ウォシュレットの水漏れが起こった場合も、状況によっては交換が必要になります。これらの判断は自分ではできません。簡単に解決できるトラブルもありますが、私たちでは解決できないトラブルばかりです。専門の業者に相談をして適切なアドバイスを受けることが大切です。簡単に思える水漏れですが、危険を伴うため自分で判断したり修理するのは避けなければいけません。

■まとめ
トイレのトラブルの中でもウォシュレットの水漏れは危険を伴うことがありますので、自分で無理な対応をせずに業者に相談することが正しい対処方法です。永久に利用できるものではないので、故障の状況によってはトイレの交換が必要な場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ